Python

WordPress + Xサーバー で自動投稿の方法

Xサーバーの設定

まずはXサーバーのサーバーパネルを開きます。その後「 WordPressセキュリティ設定 」→「対象のドメイン」→「XML-RPC API アクセス制限」「REST API アクセス制限」をOFFにします。これでXサーバーの準備は完了です。

WordPressの設定

WordPressのダッシュボードで「ユーザー」→「ユーザー一覧」と進みます。 自動投稿に使うユーザーを選択し、[編集]を押します。 そし後「アプリケーションパスワード」を押しパスワードを発行します。

Pythonのプログラム

import requests
from urllib.parse import urljoin
from datetime import datetime

def wp_post():
    url_base = 'ワードプレストップページURL'
    url = urljoin(url_base, 'wp-json/wp/v2/posts/')

    user = '****' # ユーザー名
    password = '発行したアプリケーションパスワード'

    content = 'これは自動投稿テストです。'

    post = {
        'title': 'WordPress自動投稿テスト',
        'status': 'publish', # draft(下書き), publish(公開)
        'slug': 'wordpress-auto-post-test', # パーマリンク
        'categories': 5, # カテゴリID
        'date': datetime.now().isoformat(),
        'content': content,
    }

    res = requests.post(
        url,
        json=post,
        auth=(user, password),
        )
    return

if __name__ == '__main__':
    wp_post()

参考記事「WordPressへ、Pythonではじめての自動投稿」

https://kamiki.blog/wordpress-auto-post-in-python/

-Python

© 2022 かつろぐ Powered by AFFINGER5