web

画像認識APIで本田選手やひろゆき氏の変顔を分析してみた

投稿日:

最近GoogleのcloudAPIを使っていろいろ遊んでみています。今回使ってみたのはGoogle Cloud VisionというAPIです。このAPIは画像の情報を読み取って人や物やテキストなどの情報を検出したり、人の感情を読み取ったりできる機能を持っています。今回は人の顔の感情をどのように分析するのかを見てみようと思います。

まずはこの女性の画像。

”笑顔 フリー素材”で検索して出てきただけあってすごく分かりやすく笑顔です。この画像を分析した結果は↓

「Joy(喜び)」とはっきりした結果が出ました。しかしConfidence(信頼性)は91%です。9%くらいは違う可能性があるよとGoogleは思っているようです。確かに煽ってきているというか、こちらをバカにしているように見えなくもないような気もします。


次にこちらの人。アメリカ大統領のTrumpさん。

結果は

Anger(怒り)にPossible(有り)と出ています。5段階中の3ということで少し怒ってるんじゃないかなというくらいの評価でしょうか。あとはHeadwear(被り物)にUnlikely(ありそうにない)と出ています。被ってないとは言えないという評価でしょうか。確かにTrump氏は被ってるんだか被ってないんだかよく分からないですね。正当な評価という感じです。


Trump氏の変顔を見ていたらそういえば最近サッカーの本田さんやひろゆきさん達が変顔をTwitterにあげていたのを思い出しました。変顔は画像認識的にはどのように分析されるのかに興味が湧いたので試してみました。

本田圭佑選手がオーストラリア森林火災募金で“変顔チャレンジ”呼びかけ、ひろゆき氏・夏野剛氏も反応

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00010022-abema-int



まずは変顔発起人の本田さんから

特になんの感情も読み取っていません。Headwear(被り物)にはVery Likely(可能性が非常に高い)が付いてますが、表情からは何も読み取られてはいません。

次にひろゆきさん

これまた何も読み取られていない。無です。そしてその無に対してConfidence(信頼性)が100%となっています。

最後に夏野さん

Joy(喜び)とSurprise(驚き)が強く出ています。夏野さんの変顔は赤ちゃんが見て喜ぶべろべろばーなので、Google的にも感情として分かりやすいものだったということでしょうか。

この記事を作っている際に「変顔 ひろゆき」とGoogleで画像検索していたらたくさん上位に来た人がいました。その人がなかなかに凄い変顔をしているので分析してみました。元の顔はめちゃめちゃイケメンな人です。

一番すごい顔のやつを分析した結果

特に何も読み取っていません。Joy(喜び)がUnlikely(ありそうにない)というだけです。

いろいろやってみた結論としては、一般的に変顔と呼ばれているような表情は、顔を歪ませることであり、普通にしている顔との対比があって楽しめるもので、なので変顔だけを画像分析しても「そういう顔の人」と分析されるだけみたいです。

-web

Copyright© かつろぐ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.